出産イメージ

出産百科

長い妊娠生活を経て、いよいよ可愛いベビーとの対面の日が近づいて来ます その日の為に出産の正しい知識を整理しておきましょう


水中出産

出産というと、多くの方は分娩台の上で生む姿を想像するでしょう
経験したことのある方は良くお分かりだと思いますが、長時間分娩台であの姿勢をとっているのは、楽ではないですね
また、赤ちゃんが産道を通って出て来る時にも、あまり出てきやすいとは言えないでしょう


今までに、出産時の姿勢については色々と研究されてきました
ひざを曲げて座って出産する方法や四つんばいになって出産する方法などです
このような姿勢は、分娩台で出産するよりも、赤ちゃんが出て来やすいそうです


注目され始めた、水中出産についても、この姿勢が特に注目されているのです
お風呂にはいった時に分かりますが、水の中だと簡単に姿勢が変えられますよね?
この為に、水中出産の場合は楽な姿勢で出産することが出来るのです


また、温水に入るので体が温かくなり、陣痛が軽くなると言われています
温泉に入った時などはリラックス出来るし、ホッとしますよね?


水中出産を試みたい方が1番心配することは何でしょうか?
それは、水の中で生むので、赤ちゃんが出てきたばかりで、呼吸が出来るのかいうことです


水中出産の場合、水中に入るタイミングとしては、子宮口が広がってきてからになります
1度入ったら、出産するまで入っている訳ではありません
水中にいる限度は1時間です


赤ちゃんが母体の外へ出たら、すぐにスタッフによってとりあげられます
ですから、もちろん赤ちゃんに危険はありません





出産百科

【子どもリンク】赤ちゃんの病気 高齢出産 妊娠 出産 子育て悩み相談 子どもの病気 
Copyright (C) 2008 出産百科. All Rights Reserved.