出産イメージ

出産百科

長い妊娠生活を経て、いよいよ可愛いベビーとの対面の日が近づいて来ます
その日の為に出産の正しい知識を整理しておきましょう


出産後の命名

妊娠がわかってからの楽しみの1つに、赤ちゃんに命名がありますね


女の子だったらこの名前にしようとか、男の子だったらこの名前がいいな、などと色々考えるのって楽しいですよね


最近は、読むのが結構難しい名前が増えてきましたね


昔でしたら、女の子は「子」がついたり、男の子は「男」を最後に入れたりしていたので、分かり易かったのですが、今では、こういう標準的な名前は珍しくなってきていますね
最近の難しい名前に対して、幼稚園の先生や学校の先生は、間違えない様に気を使って覚えるのが大変みたいですね


命名には、名前の音を中心に決める場合と、使う字を先に考える場合があるようです


名前の音を先に決めた場合には、願いを込めて、漢字を考えます
上の名前とのバランスなども大切ですね


先にこの字を使いたいと決まっている場合は、その字を使った名前はどんなものがあるのかを調べてみると良いかもしれないですね
字も読み方が何種類かありますし、他のどの字と組み合わせるかなどでも、名前の印象も変わってきます


名前は、出産前にはいくらでも名前について悩むのは自由ですが、産後は14日以内に出生届を提出しなければならないので、気をつけましょう

なかには、我が子の顔を見てから名前を決めたいと、考えていない方もいるようです
14日で名前を決めるのは難しいかもしれないですが、我が子の一生の問題ですから、一生懸命に考えてあげましょう


こんな子に育って欲しいという願いを込めて、大切に名づけをしてあげてください





出産百科

Copyright (C) 2008 出産百科. All Rights Reserved.