出産イメージ

出産百科

長い妊娠生活を経て、いよいよ可愛いベビーとの対面の日が近づいて来ます
その日の為に出産の正しい知識を整理しておきましょう


高齢出産のリスク

高齢出産は、年齢が高い為に、多少なりともリスクを伴ってしまうのです
では、高齢出産のリスクというと、具体的にどんなものなのでしょうか?


高齢出産のリスクは主に次の2つだと言われています
・高齢妊娠
・高齢分娩


高齢出産そのものが、異常だというものではありません
ただ、10代や20代半ばまでに出産している人たちと比べると、やはりリスクがあるということです


まず、1番はじめに、妊娠のしにくさという事ががあげられるでしょう
年齢が高くなってくると、卵子の状態があまり良くなくなってきて、妊娠しにくくなるのです


また、染色体異常等が起こってしまう場合もあります
年齢が高くなると、卵子の状態があまり良くなくなってきます
それと同時に、染色体異常などが起こり易くなってきます


現実的な問題として、高齢出産で生まれた赤ちゃんがダウン症になってしまう割合が年々あがってきています
ダウン症も染色体異常が原因とされている病気の一つです
高齢妊娠をした方が、1番気にするのがこの事のようです


また、高齢分娩は、流産や早産してしまう恐れが、若い方よりも断然多いのです


初産で高齢出産の場合は、母体の健康に特に気をつけましょう
経産で高齢出産の場合は、母体の状態は以前の出産とあまり変わりません
しかし、赤ちゃんに関わるリスクは、初産で高齢出産をされる方たちと同じだと言う事を忘れないでください


ここでは、高齢出産のデメリットばかり述べていましたが、妊娠・出産そのものはとても幸せなことです
授かった命を大切に育てましょう





出産百科

Copyright (C) 2008 出産百科. All Rights Reserved.