出産イメージ

出産百科

長い妊娠生活を経て、いよいよ可愛いベビーとの対面の日が近づいて来ます
その日の為に出産の正しい知識を整理しておきましょう


出産時の呼吸法

ドラマなどの出産シーンでは、夫婦で「ヒッヒッフー!」っとやっていますよね
やはり出産時の呼吸法は、一般的にはこういうイメージがつよいのでは無いでしょうか


そもそも、出産時の呼吸法は、何の為にあるのでしょう


1番大切な事は、お腹の赤ちゃんに酸素をたくさん送ってあげるという事ですね
陣痛で苦しくなって来ると、つい「痛いー!」と叫んだり、呼吸を止めて痛がってしまうものです


呼吸を止めて叫んだりいきんだりしてしまうと、赤ちゃんに酸素が行かなくなってしまいます
そうすると赤ちゃんは、苦しくなって、上手に出て来られなくなってしまいます


呼吸法は、その他にも、リラックス効果もあります
深呼吸と同じ様な効果ですね


しかし、母親学級で教わったり、自分で本を読んだり友達に聞いても、実際に出産時に出来るのかどうか心配になってしまいますよね


妊婦さんには勉強熱心な方が多くて、呼吸法についても事前に勉強していて、陣痛が何分おきになったら、どういう呼吸法をするかなど頭に詰め込んでいますよね
しかし、呼吸法が上手に出来なければ、赤ちゃんが生まれてこない訳ではないので、大丈夫ですよ


いざ出産が目前になると、頭の中が真っ白になってしまう人も多い様です
でも、出産の時は看護士さんなどのスタッフがたくさんいて、一緒に呼吸をしてくれたりもします
周りのスタッフの方たちは数多くの出産に立ち会っていますから、安心して身をまかせましょう


呼吸法についても、医学的に基づいた方法もありますが、何より自分が楽だと思う呼吸が1番です





出産百科

Copyright (C) 2008 出産百科. All Rights Reserved.