出産イメージ

出産百科

長い妊娠生活を経て、いよいよ可愛いベビーとの対面の日が近づいて来ます その日の為に出産の正しい知識を整理しておきましょう


出産後の母乳育児

今赤ちゃんのおっぱいは、母乳のみ、ミルクのみ、混合、と色々ですね
最近は、母乳で育てていると言うと、えらいなどと褒められたりしますが、本来は母乳育児が赤ちゃんにとってはベストです

しかし、年齢の問題や、体調などによって母乳育児が出来ない人もいます

赤ちゃんに母乳を飲ませてあげることは、赤ちゃんにとってもちろんですが、ママの体の回復も早めてくれる効果があります
それに、おっぱいをあげている時には、赤ちゃんはママの体温や心拍を感じて、心がやすらかになっていることでしょう
また、おっぱいを飲んでいる様子を見ていると赤ちゃんが可愛くてたまらないでしょう

母乳は、初めから沢山出る人もいますが、最初はあまり出なくても頻繁に吸わせていると、自然と母乳の量が増えてくるのです
赤ちゃんはいっぱい寝て、泣いて、おしっこをして、すぐお腹がすきます
何ヶ月になっても、おっぱいを1〜2時間おきにあげることは、決して悪い事ではありません

赤ちゃんがすぐにおっぱいを欲しがるので、母乳が不足していると思って、ミルクを飲ませていると、母乳が出なくなってきますます
確かに、栄養が足りていないのではないかと心配になる事があるかも知れませんが、体重が極端に減っていなければ大丈夫でしょう
母乳というのは、あげる回数を減らしていくと、だんだんと分泌されにくくなってきます

赤ちゃんが生まれたら、ぜひ母乳で育てる様に頑張ってください
母乳育児を目指しましょう





出産百科

Copyright (C) 2008 出産百科. All Rights Reserved.