出産イメージ

出産百科

長い妊娠生活を経て、いよいよ可愛いベビーとの対面の日が近づいて来ます その日の為に出産の正しい知識を整理しておきましょう


出産後の後陣痛

後陣痛とは、出産後におこる痛みのことです 陣痛と言う名前がつくくらいですから、痛みを伴うものだという事は、わかると思います

これは何かというと、出産後に赤ちゃんがいなくなった子宮が元の大きさに戻ろうとして収縮を繰り返すときに発する痛みなのです
この収縮も全ての人にというわけではないですが、痛みを感じる人もいます
痛みは規則的起こります
痛くなる場所は、陣通の時と同じ下腹部です


後陣痛は子宮が回復するために、大切なことなのです
その為、痛みがある人は、分娩当日から翌日にかけて特に強い痛みを感じます


徐々におさまってはくるものですが、人によっては、出産後4日くらい続く場合もあります


後陣痛で痛みを強く感じるのは、どういう人なのでしょう?
痛みの度合いは人によって異なり、まったく痛くない人もいれば、眠れないほど痛い人もいますが、一般的には、経産婦のほうが痛みは強いと言われています


また、産後の授乳中に痛みを感じる人は結構多いようです
出産前にもおっぱいマッサージをおこなうと、お腹が張ってしまう事があったと思うので、納得はいくでしょう
同じ感じで子宮がより強く収縮されるわけです


逆に言えば、赤ちゃんがおっぱいを吸う事で、子宮の収縮が活発になって、子宮がもとの大きさに戻るのがより早くなるわけです


また、後陣痛がおきると、悪露の量も一度に大量に出たりします
ナプキンもこまめに取り替えたほうが良いでしょう


後陣痛は、本当に個人差の大きいものです
もし自分が後陣痛でとても苦しいあなら、その間はお見舞いなどをお断りした方が良いかもしれません





出産百科

Copyright (C) 2008 出産百科. All Rights Reserved.